読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てノート

子どもが心豊かに育つために。子育てに役立つことをまとめました。

木のおもちゃのプレゼントも!ウッドスタート宣言自治体は木育が充実!

広告

「ウッドスタート」という言葉をご存知でしょうか? 小さな頃から木のぬくもりを身近に感じながら、心豊かな人に成長してほしいとの願いを込めた言葉です。この理念を実践するべく「ウッドスタート宣言」をした市町村や企業がいくつかあります。

 たとえば、赤ちゃんに木のおもちゃがプレゼントされたり、木の遊び場ができたりと、ウッドスタート宣言をした自治体等ではいっそう木育を体験できます。意外な街もウッドスタート宣言しているので、訪ねてみると楽しいかもしれません。一例をまとめました。

広告

 

東京都新宿区

 意外かもしれませんが、大都会の新宿区がウッドスタート宣言しています。というのも木育の中心となっている「東京おもちゃ美術館」が新宿区四谷にあるから。おもちゃ美術館は私も行きましたが、木の香りやぬくもりに包まれていて、赤ちゃんや小さなお子さんに本当におすすめの場所です。

 その新宿区では、生まれた赤ちゃんに好きなおもちゃのプレゼントをしています(詳細→誕生祝い品:新宿区)。

f:id:kinako-cafe:20160501211639p:plain
 これらは友好都市である長野県伊那市で丁寧に作られたおもちゃ。都会の赤ちゃんが、友好都市からおもちゃをプレゼントされるのは素敵ですね。他にも東京都では檜原村がウッドスタート宣言しています。

長野県信濃町

 信濃町はナウマンゾウの化石が発見された場所としても有名な町ですが、こちらでも赤ちゃんへのおもちゃのプレゼントをはじめ、信州の杉やヒノキをふんだんに利用して作った木育ルーム「なかよし」がオープンしました。こんな子育て支援ルームがあるなんてうらやましいです。

f:id:kinako-cafe:20160501212949p:plain
(出典:木育ラボ)

岐阜県美濃市

 森の自然があふれる美濃市でもウッドスタート宣言をしています。赤ちゃんにはかわいい「つみあゆ」がプレゼントされたり、森のプレイパークが開催されたりと木育を推進しています。

f:id:kinako-cafe:20160501214920p:plain

 「つみあゆ」とは鮎の積み木のこと。清流・長良川を泳ぐ鮎。かわいい!

神奈川県小田原市

 箱根にほど近い風光明媚な小田原市でもウッドスタート宣言がなされています。小田原は古くから寄木や漆器で有名な場所。それらの技術を生かして作られたおもちゃのプレゼントや、木のぼり木の秘密基地で遊ぶイベントをしたりと木育を推進しています。

f:id:kinako-cafe:20160501214511j:plain

沖縄県国頭村

 国頭村にはもともと「やんばる学びの森」や「国頭村森林公園」があったりと自然豊かな場所ですが、森林公園の中に「森のおもちゃ美術館」が開館しました。この美術館、東京四谷のおもちゃ美術館の姉妹館なのです。

 ウッドスタート宣言をした自治体は、2016年2月現在で15自治体ですが、木育の重要性が高まっている今、少しずつ木育を推進する自治体が増えてきています。これからが楽しみです。