子育てノート

子どもが心豊かに育つために。子育てに役立つことをまとめました。

1歳代から乗れる!安全安心で機能的な三輪車まとめ

広告

子どもが歩きだして外で遊べるようになったら、三輪車の購入を考える家庭は多いと思います。今は1歳代の低年齢から乗られるものも出ています。でも、親として気になるのが安全性や機能です。
そこで、安全性や乗りやすさなどの視点から選び抜かれたキッズデザイン賞受賞の三輪車をまとめました。安全性はもちろん、価格口コミ・評判についてもママ目線からチェックしました。我が家では、実際にD-bike miniを購入したのでその感想も載せています。

キッズデザイン賞とは、子どもの安全に配慮されていたり、子どもが感性や創造性豊かに育つよう工夫がされたデザインや物などに与えられる賞です。この賞を受賞したものは、良質な製品として広く親しみ利用され続けています。  

アイデス D-bike mini

アイデス社のD-Bike mini は小さな子どもが安全に楽しめるように、徹底的に安全設計にこだわった三輪車です。2015年にキッズデザイン賞、さらにはグッドデザイン賞も受賞しています。

低年齢児の運動能力や動きを、医師の意見を取り入れながら徹底的に研究し、モニターテストを繰り返しながら出来あがりました。1歳児特有の「ハンドルにもたれかかると倒れてしまう」「蹴った際に足が後輪にぶつかってしまう」などの問題をひとつずつクリア。やわらかハンドルやクッションシート・屋内でも床を傷つけないやわらかタイヤに至まで、安全安心にこだわってできています。

口コミ・評判 は良く「安定感があって安心」「家でも乗ることができる」などの意見が書かれていました。1歳児だと最初は手押し車のようになる場合もあるようですが、段々慣れていくそうです。価格帯は5000円代〜

 〈1歳〜3歳 / 体重20kg以下〉

〈追記〉我が家はこのD-bikeを購入しました!1歳になる少し前に購入し、最初はハンドルを握ってバランスをとるところから学びました。徐々にバランス感覚を覚えて、1歳1ヶ月頃には前に進むことが楽しくなっていました。そして1歳2ヶ月頃にはハンドルを自由に操り、前後左右どこにでもスイスイと漕いでいました。息子も楽しく乗っていて、親としても買って良かったと大満足!D-bike miniはおすすめです。

息子のお気に入り!1歳から上手に乗れる三輪車「D-bike mini」が良かったのでレポートします! - 子育てノート

へんしんライダー

野中製作所の へんしんライダー は2通りの乗り方ができるのが特長。1歳半頃からは座って、3〜4歳頃になると立って遊べます。シンプルな形ながら後輪に足をひっかけないなどの安全設計がしっかりなされています。2012年にキッズデザイン賞を受賞しました。

口コミ・評判 も総じて良いものになっています。「プラスチック感がある」「へんしんに若干時間がかかる」等のデメリットはあるようですが、評価は良いです。価格は5000円程度です。

〈1歳半から〜 / 20kgまで〉

iimoトライシクル

イーモのイーモ トライシクル は、国内三輪車シェア40%のイーモ社が作る安全とおしゃれを両立させた三輪車。長年培ってきた三輪車のノウハウをふんだんに生かして、つくられました。

子どもにとって乗りやすい人間工学に基づいた安全設計と、街でもおしゃれなデザインを両立。子どもが長時間乗っても安全でストレスフリーな工夫がいっぱいです!

f:id:kinako-cafe:20160515115850p:plain f:id:kinako-cafe:20160515115856p:plain

万が一の落下を防ぐソフトガードや、まだこげない小さな子どもでも乗ることができる折りたたみステップ、またママやパパが後ろから押して方向転換もできてしまうカジきり機能など、安心と工夫がいっぱい。このトライシクルにはペダルもあります。

かわいくて気になりますが、値段が1万円を超えるところがややネック。口コミ・評判も良く人気商品ですが、折りたたみステップに上手く足を乗せられないというデメリットもちらほらあるようです。

〈1歳半〜4歳11ヶ月〉

※ イーモトライシクルは#01でキッズデザイン賞を受賞。#02はその改良版です。