子育てノート

子育てに役立つことをまとめました。

おむつ専用ゴミ箱は必要? コストを調べてみました!

広告

はじめての育児の場合、何を揃えてよいか迷います。育児雑誌を見ていると、たくさんの育児グッズが載っていて「全部そろえた方が良いの?」と思うかもしれません。今回は「おむつ専用ゴミ箱」の必要性費用などを調べてみました。

おむつ専用ゴミ箱はコストがかかる

人気のアップリカ「におわなくてポイ」で費用を計算

おむつ用ゴミ箱といえばまずあげられるのが、アップリカの「におわなくてポイ(消臭タイプ)」です。ゴミ箱本体に、雑菌の繁殖を抑えてくれる抗菌成分「ケスクリーン」を配分したフィルムカートリッジを装着して使用します。この「ケスクリーン」が、おしっこやうんちの臭いを分解し抑えてくれるので、室内に臭いがせず快適に過ごせます。

このゴミ箱の本体価格は、Amazonの安値で約1200円です。これに別売の専用カートリッジをつけます。

カートリッジ代がかさむ、かさむ。

ただ、この「ケスクリーン」を配合したフィルムカートリッジの費用が、結構な値段になります。

3個入で約2,500円、つまり1個約800円になります。 

1個のカートリッジ1ヶ月分(※ apricaホームページより。1日5回おむつ替えをする場合)なので、2歳半までおむつを利用した場合のコストを考えると、

  800円 × 30ヶ月=24,000円

になります。 結局トータルで約25,000円もかかってしまうのです。 

他メーカー品も費用がかかる

オムツ専用ゴミ箱は、他にも日本育児の「KORBELL おむつポット」やコンビの「ポイテック」などがありますが、こちらも本体に加えて専用カートリッジを購入する必要があるので、費用がかさみます。

同じ条件(おむつ替えを5回・2歳半まで利用)でこれらを利用した場合の費用を計算すると「KORBELL おむつぽっと」は約15,000円、「ポイテック」は約35,000円かかるという結果になりました。ランニングコストがかかりますね。

普通のゴミ箱で代用できました!

我が家では、結局オムツ専用ゴミ箱は購入しませんでした。

フタ付きスチールゴミ箱で代用できました

でどうしたかというと、もともと家にフタつきのスチールゴミ箱があったので、それをオムツ用ゴミ箱として利用することにしました。

↓ これに似たゴミ箱です。

スチールラウンド型ペダルペール20L用『FTC023-20』

新品価格
¥2,760から
(2016/5/9 12:23時点)

臭いについては、次の方法をすればまったく室内はにおいませんでした。

  1. まず大きなゴミ袋を中にセットします。
  2. さらにオムツを捨てるときに、個々にビニール袋に包んでから捨てます。(ビニール袋はスーパーのレジにあるようなのを購入)
  3. フタはちゃんと閉めます 

この方法で快適に過ごせました。スチール製のゴミ箱は密閉率が高いのか、フタをちゃんと閉めてしまえば臭いが漏れることはありませんでした。また、オムツの時期が終われば、普通のゴミ箱として活躍してくれます。

ゴミ箱の容量ですが20Lあれば比較的安心だと思います。これより小さい13Lだと割と早くオムツでいっぱいになってしまいます(週2回ゴミ収集の場合)

育児は費用がかかるので、代用できる部分は工夫して解決していきたいですね。