読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てノート

子どもが心豊かに育つために。子育てに役立つことをまとめました。

キッコーマン「うちのごはん」が簡単で美味しかった【化学調味料不使用】

広告

忙しい時に簡単に料理が作れる「おそうざいの素」。最近は手軽さだけでなく、安心できて美味しいものが増えているそうです。我が家でも、CMでおなじみ キッコーマン「うちのごはん」シリーズを試してみました! 
想像以上に美味しく10分あれば料理ができてしまう簡単さに驚きました。しかも化学調味料無添加で子育てママにも安心。利用した感想をレポートします。

「うちのごはん」とは?

キッコーマン「うちのごはん」とは、わずか1種類〜数種類だけの食材を準備すれば、あとはフライパンひとつで料理が調理できてしまうおそうざいの素です。

数十種類のラインナップがあって、どれも家庭的な料理なのが特長。例えば「ナスの肉味噌炒め」「じゃが豚の甘辛照り煮」「サーモン竜田風」「ブリの香味揚げ」などなど、どこかほっこり「お母さんの味」を思わせるものばかり(ひとり暮らしの学生さんにもおすすめだと思います!)

f:id:kinako-cafe:20160908124105p:plain
(www.kikkoman.co.jp)

「うちのごはん」の良いところは、まず、準備する食材が1種類から数種類だけで済むこと。たとえば「ナスの肉味噌炒め」はナスだけ、「ブリの香り揚げ風」はブリと水菜だけを準備すれば、あとは「うちのごはん」を使って簡単に立派なおそうざいが作れます。

そして私のように子育て中のママに安心なのが「化学調味料無添加」であることです。たとえば今回作った「ふわ玉トマト炒め」の原材料はこんな感じ。

f:id:kinako-cafe:20160909054222p:plain
(www.kikkoman.co.jp)

他社のおそうざいシリーズもいくつか原材料を見てみたのですが、「うちのごはん」が一番シンプルな材料の印象を受けました。例えば、有名なA社のおそうざいシリーズでは、増粘剤に加工デンプンだけでなくキサンタンも利用しているものが多くありました。その点「うちのごはん」の場合は基本的に加工デンプンのみなので、安心度は相対的に高いと思います。

広告

 

「ふわ玉トマト炒め」で本当に 卵がふっわふわ!

これまで我が家では、数種類の「うちのごはん」を試してみましたが、どれも簡単で美味しかったです。特に感動したのが、この「ふわ玉トマト炒め」。「本当にふわふわになるのか?!」という疑問から購入したのですが…

作ってみると本当にふわっふわ洋食屋さんみたいなふわふわ感に感動しました。

f:id:kinako-cafe:20160909052925j:plain  f:id:kinako-cafe:20160909052942j:plain
(左は卵のみ、右はトマトを加えたものです)

作り方は簡単。材料は卵とトマトだけ。溶き卵をフライパンに入れて、ゆっくりと炒めます。その際に付属の「ふわ玉の素」を入れます。これがふわふわになる秘密でした。その後、トマトを炒めて「そうざいの具」を入れると出来上がり!

f:id:kinako-cafe:20160909054023p:plain
  (www.kikkoman.co.jp)

味は「塩ガーリック風味」で、作ったのが夏だったので食が進みました。卵がふわふわしているだけで、料理は格段に美味しくなります。

この「ふわ玉」が好評だったのか、最近は秋冬にぴったりな「ふわ玉きのこ炒め」も登場しました。

忙しい毎日のなかで、ときには簡単にできるおそうざいの素を活用するのも手だと思います。安心なものなら、なおさら活用したくなりました。