子育てノート

子育てに役立つことをまとめました。

息子のお気に入り!1歳から上手に乗れる三輪車「D-bike mini」が良かったのでレポートします!

広告

ずいぶん前に、1歳代から乗れる安全で機能的な三輪車についてまとめました。その中で、我が家で実際に購入したのが「D-bike mini」。これが本当に1歳からスイスイ乗れる三輪車だったので、レポートしたいと思います。

 1歳児の特徴を熟知してつくられた三輪車!

我が家が「D-Bike mini」を購入する決め手になったのは、1歳児の行動や身体能力の特徴を徹底的に研究して作られた製品であることでした。幼児向け三輪車は色々と販売されていますが、1歳児に特化した研究がなされているのは数少ないと思います。

低年齢児の運動能力や動きを、医師の意見を取り入れながら徹底的に研究し、モニターテストを繰り返しながら出来あがりました。1歳児特有のハンドルにもたれかかると倒れてしまう」「蹴った際に足が後輪にぶつかってしまう」などの問題をひとつずつクリア。やわらかハンドルやクッションシート・屋内でも床を傷つけないやわらかタイヤに至るまで、安全安心にこだわってできています。

機能面だけでなく安全面も重要視されていて、さらにはキッズデザイン賞・グッドデザイン賞を受賞している三輪車ということも、購入の決め手になりました。我が家では、息子が1歳になる前にD-bikeを購入しました。

息子とD-bikeの成長記録!

f:id:kinako-cafe:20161209102906p:plain

息子がD-bikeをどんな風に乗りこなしていったか、手もとにある成長記録をもとにまとめてみました。

1歳になった頃

三輪車が我が家にやってきた日、息子は不思議な顔をしていました。遊び方がまだ分からない様子で「ポカン」としていました。その後、数日は興味が無い様子でしたが、次第にハンドル部分を持ったり、徐々に興味が出てきました。

しかし、乗り方はいまいち良く分からない様子。ハンドルを持つことはできるので親がシート部分に乗せてあげました。が、安定せずバタンと倒れそうになることもしばしば。慣れるまでは時間がかかりそう。息子もそれほど興味がない様子。

今から思えば、この頃の息子はまだ一人歩きをする前だったので、三輪車に乗ることはやや無理があったのかもしれません。

1歳1ヶ月〜3ヶ月頃

1歳1ヶ月を過ぎた頃から、息子はあんよで歩き始めました。そうするとD-bikeにも、興味を持ち始めた様子ハンドルをもち、自分で乗り、バランスを取ることを、ゆっくり着実に覚えていきました。最初こそ乗り方が分からずに不安定な運転もありましたが、D-bikeは三輪車でありながらしっかりとしていて安定しているので、次第に家中をスイスイと漕ぐようになりました。自分で運転して、部屋から部屋を移動するのが楽しい様子に親も笑顔になりました。

ちなみに、この三輪車は後輪が1つだけなので乗る際に足がひっかかりません。同じ頃に、遊園地で "後輪が2つある別の三輪車" にも乗ってみましたが、足がひっかかって1人では乗ることができませんでした。「D-bikeは良く考えられている」と感動しました。

1歳4ヶ月〜5ヶ月頃

この頃になると、D-bike miniにもすっかり慣れていました。成長記録には「D-bikeを乗りこなし、堂々としている!後ろ進み、狭あいもスイスイ。目の前にクッションがあると、D-bikeを持ち上げて超えてゆく」と書いています(笑)。ずいぶんたくましい運転になっていました。

この頃、歩行も後ろ歩きをし始めた時期なので、D-bikeでも後ろ進みが得意になったようです。 D-bikeを持ち上げるほどの体力もついていました。わずか数ヶ月で、ここまで乗りこなすとはD-bikeの機能、そして子どもの成長に驚きです。

広告

 

じっくり選んで購入した「D-bike mini」、本当に良かった!

D-Bike Miniは、じっくり選んで購入して本当に良かったと思いました。親としては、子どもには安全面・機能面を両立し、心が豊かになるようなおもちゃを与えたいと思っているので、D-bikeには満足です。これからもそんなおもちゃをじっくり探して、利用していきたいです。