子育てノート

子どもが心豊かに育つために。子育てに役立つことをまとめました。

安全で機能的!使って良かった「赤ちゃん用歯ブラシ」まとめ!

広告

赤ちゃんの乳歯が生えてきたら気になるのが「歯磨き」です。いつ、どのように、どんな歯ブラシを使って行えばよいかまとめました。我が家で実際に使って良かったものも載せています。

f:id:kinako-cafe:20160429192329j:plain

いつから歯磨きをすればよい?

 赤ちゃんの個人差によりますが、生後6〜9ヶ月くらいで乳歯が生えてきます(息子は9ヶ月頃に生えてきました)。乳歯が生えてきたら歯磨きケアを考えなければいけません。乳歯を清潔に保つことが、後に生えてくる永久歯にも影響するからです。

 とはいえ生え始めの頃は、赤ちゃんの唾液の自浄作用で、乳歯はある程度清潔に保てるとのこと。なので、この時期はしっかり磨くというよりも「赤ちゃんが歯ブラシに慣れる」トレーニングの時期と考えてよさそうです。

どのように歯磨きをする?

 乳歯が生えてきたら、子どもが自分で行う「自分みがき」と、大人が行う「仕上げみがき」の2種類を行うのが一般的です。1日1〜2回を目安に行います。睡眠時は唾液の分泌が少なくなるので、できれば寝る前は習慣として行いたいものです。

 「自分みがき」は、最初は歯を磨くというよりも、赤ちゃんが歯ブラシに慣れる期間と考えましょう。赤ちゃんが「楽しいもの」という意識を持てれば長続きするので、楽しく歯ブラシを持つ習慣がつけば、始めの第1歩は成功。この時に注意したいのが安全性。赤ちゃんは思わぬ動作をすることがあるので「のど突き」などを防止する安全性の高い歯ブラシを使用した方が安心です。

 

 そして大人が「仕上げみがき」を行います。仕上げみがきの方法はこちらに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。

おすすめの歯ブラシは?

 赤ちゃんの「自分みがき」には、楽しく磨けて、のど突きなどを防止する安全性のあるものをおすすめします。

歯科大学がおすすめする乳歯ブラシ

 我が家ではコンビの「テテオ じぶんでみがけた 乳歯ブラシ STEP2セット」を最初に使用しました。

f:id:kinako-cafe:20160429205341j:plain
 この歯ブラシは松本歯科大学の特許許諾商品で、小さな子どもの歯磨き中の事故を防ぎ、また子どもが楽しく歯を磨けるように工夫がされています。のど突きがしにくい形や、赤ちゃんが手に持ちやすいグリップになっています。また歯ブラシは取り替え可能で便利です。

 我が家では息子の歯磨きスタートの日、この歯ブラシを何も言わずにリビングのテーブルの上にポンと置いてみました。「どうするかな?おもちゃだと思うかな?」と見ていたら、息子はおもむろに手にとり、自然に口の中に歯ブラシを持って行きました。全く何も教えていないのに、あまりに自然に歯磨きをスタートしたので驚きました。実際は楽しそうに口の中に入れている状態ですが、まさにこれが楽しい歯磨きのスタート。さすが小児科医の方々が研究されたとあって、効果抜群でした。

ほかにも安全に楽しく磨ける乳歯ブラシ

ほかにも「ピジョン 親子で乳歯ケア 乳歯ブラシ レッスン1 」ものど突き防止リングがついている商品です。

ぷぅぴぃリング歯ブラシ」は、持ち手がリング状になっていて、こちらも赤ちゃんが楽しく歯磨きをはじめられます。リング状なのでのどを突く心配が少なく、安全性も考慮されています。

 こんなふうに、楽しく安全に歯磨きができると長く続いて良いですね。