子育てノート

子育てに役立つことをまとめました。

離乳食づくりにおすすめの本と器具まとめ

広告

初めて離乳食を作るとき、どんな食材をどのように調理すればよいのか迷います。実際に使ってみて役立った離乳食の本や器具をまとめました。

f:id:kinako-cafe:20160424134720j:plain

離乳食におすすめの本

私は「はじめてママ&パパの離乳食(主婦の友社)」を使いました。Amazonで人気No.1だったことと、ネットの評価がとても良かったのでこちらを選びました。

これが買って大正解!

まず「離乳食の調理のキホン」や「栄養バランス」など、基本的で重要なポイントが分かりやすく説明されています。

f:id:kinako-cafe:20160424135534j:plain f:id:kinako-cafe:20160424135511j:plain

ひととおりコツをつかんだら実際に離乳食づくりにチャレンジ!

この本の便利なところは「素材ごとのレシピが載っている点」と「月齢ごとの調理法が載っている点」です。

例えば「トマト」のページを開くと、トマトを使って作るレシピがたくさん載っています。そしてトマトの中でも「ゴックン期」「モグモグ期」「カミカミ期」「パクパク期」など、赤ちゃんの成長や月齢に合わせたレシピになっています。

f:id:kinako-cafe:20160424135522j:plain  f:id:kinako-cafe:20160424135526j:plain

ほかにも「白身魚」のページはこんな風に。
冷蔵庫にある素材で作れるレシピが見つかるので、とても便利。

f:id:kinako-cafe:20160424135514j:plain f:id:kinako-cafe:20160424135518j:plain

 野菜や魚・肉などで家にある素材から、逆引きのようにレシピ検索ができるので非常に便利でした。どのレシピもやさしい味で赤ちゃんも喜んでくれました。ほかにも「調理のコツ」や「素材の実物大写真」「月齢ごとに食べてOKなもの・NGなもの」など知りたいことが書かれています。

 

離乳食の本はほかにも「はじめての離乳食(学研)」や、冷凍保存など時短テクがたくさん載った「フリージング離乳食(主婦の友社)」もAmazonや楽天で評判が高くおすすめです。
 

離乳食づくりにおすすめの調理器具は?

離乳食づくりに欠かせないのが調理器具。特に離乳初期は「裏ごし」「すりおろし」「すりつぶし」などの調理が必要です。私はこれらの道具がすべてセットになった「ピジョンの調理セット」を活用しました。

中には、裏ごし器・おろし金・絞り器・すり鉢・すり棒・スプーン・お皿がセットになっていて離乳食づくりに必要十分な道具が揃っています。全部の道具を、ひとつに重ねて保存できるので場所をとらず便利です。

f:id:kinako-cafe:20160424142328j:plain

すり鉢やおろし金などは家にあるもので代用もできますが、このピジョンの調理セットは、赤ちゃんが食べる分を調理するにちょうど良い大きさでした。